湯谷峠の崩落現場

先日の台風の影響により、平成30年8月24日から通行止めが続いている湯谷峠(国道422号 松阪市飯高町ー大台町)の崩落現場を確認してきました。

崩落個所は湯谷峠の北側1kmくらいのところで、道路が半分以上崩落し、今後の降雨によってはさらに崩れる恐れがありそうでした。

雨によって崩れることがないようにブルーシートをかける作業が進められていました。

自転車は通してもらえそうでしたが、本格復旧には数か月以上はかかりそうです。